西村幸希建築設計 + 西村嘉哲建築設計
西村幸希建築設計 + 西村嘉哲建築設計
anyyマーク
img20231227210232353959.jpg nbhv_057b_dc59430_s.jpg img20231227210550156369.jpg 横浜の工務店 nbhv_119_dc59078_s.jpg img20231227210232156968.jpg img20231227210559657780.jpg img20231227210232158984.jpg
news
浦安集合住宅 設計がスタートしました 2024.04
新築住宅 町田H邸 設計がスタートしました 2024.03
テレビ朝日系列「渡辺篤史の建もの探訪」に「医する家」が登場します 2023.12
news
浦安集合住宅 設計がスタートしました 2024.04
新築住宅 町田H邸 設計がスタートしました 2024.03
テレビ朝日系列 「渡辺篤史の建もの探訪」に登場します 2023.12
b l o g

anyy_thing
横浜の女性建築家、西村幸希が日常を綴っています

横浜大倉山設計事務所anyyエニイ

2024.05.05

軽井沢へ_室生犀星記念館

 
どうしても寄りたいのは、ここ。
 
簡素な純和風の建築と広すぎない苔庭の
落ち着いた美に引き寄せられてしまいます。
 
小さいことは良いことでもあり、
豊かな空間や広がりは面積からではないことを改めて。
 
人がそこで何かをする。
その空間を使っているスケール感とその空間自体のスケール感が合っている。
 
そこで一人座って物書きをしているとか
くつろいでいる姿が見える。
 
空間ありきで人がいるより、そういう人がいるからこの空間がある。
そんな素直な建築なのだな と何度訪れても感じてしまいます。
 
作家仲間が集うこともあったでしょうが、
この別荘では静寂な日常が丁寧に積み重ねられていたのでは。

w o r k s
大倉山 新築住宅
ニコライ・バーグマン
箱根アトリエ
医する家
 
新横浜
マンションリノベーション
SUIREN & mona

 

横浜 新築住宅
二層中庭の家
 
コランダム・システム
・バイオロジー
湯河原の平屋

 

詩の家
〜うたのいえ〜
沖縄
スポーツ観戦レストラン
町田 新築住宅
グレーべージュ
リノベーション
つづくいえ

 

繋ぐリノベーション

 

イエのある家

 

ほの明かりの家

 

アーティスト家族の
3世帯住宅
カフェのある川辺の家

 

厚木 新築住宅

 

la maison
〜ラ・メゾン〜
世田谷
リモートワークスペース
石畳の家
かさなりの家

 

時の家

 

軽井沢 精肉店
 
風の流れる家

 

保土ヶ谷の平家

 

鳥取県智頭町
ギャラリー
2世帯4層の塔

お客さまの声

ほの明かりの家 のお客さまより

イメージを実現するということ

「自宅を西村さんに設計していただき、住み始めてはや数年が経ちましたが、今でも帰宅するたびに、心からホッとすることのできる我が家を建てることができたことに感謝しています。
私自身、こだわりが強く、かなり変わった要望をいくつもお伝えしたのですが、それらを丁寧に読み解き、どうすれば実現できるのかを一緒に考えていただきました。
例えば、「凛とした室内」という漠然とした要望をお伝えしたら、北側の高い位置に設置した大きな窓と白い漆喰の内装で、見事、私のイメージした通りの室内空間ができあがりました。漠然としたイメージであっても、しっかりと私の意図を落とし込み、形として実現してもらうことができたので非常に満足しています。
住む時間が長くなるほどにますます愛着がわいていくのを感じます。妻がことあるごとに、「わが家が一番」と言うことが、すべてを物語っていると思います。」

イエのある家 のお客さまより

360度、家のどこを見回しても大好きな空間が映る

「まず、「住まい」に対する概念が大きく変わりました。今まで「住まい」とは食事をし、お風呂に入り、睡眠をとる。その程度にしか考えていませんでした。
それが今回家を建てるにあたり、西村さんに依頼したことで大きく変わりました。私達の生活スタイルに合った動線、理想の間取り、使われている素材、それに合った家具。それらはとても心地よく、日々に潤いを与え1日の疲れを癒してくれます。
 休みの日にはカウンターでパンを作ったり、夜はギャラリースペースでお酒を飲んだりと、ここに住み始めてから家で様々なシーンを楽しむことが出来るようになりました。」

詩の家〜うたのいえ〜 のお客さまより

家は家族の一員

「私たちの家は、家族の一員のような存在です。季節の移り変わりを共に感じ、遠慮なくくつろぎ、そして生活スタイルの変化と共に家も少しずつ変わっていきます。家族に迎えられるように、家に帰るとほっとしたり、日々の何気ない生活に覚える安心や喜びを共有したりもします。
生活のスタイルと価値観に合わせて考えられた空間で心地よく暮らす。建築家と一緒に作った家が可能にするのは、毎日の生活に小さな彩りを添えてくれるような、そういった少しの”特別”だと感じています。」

a b o u t  u s
明るい部屋に椅子とテーブル
女性建築士anyy